ゲイ用語(さ行・た行)

サーファー系 髪型がセミロング又はロングの茶髪で、肌は通常よりも浅黒いスジ筋の男性のこと。
サオ 陰茎。
盛る(さかる) 性行為をすること。
恥も外聞も捨てて欲望の赴くまま性行為することを「ノリよく盛る」などと表現する。
 サポ サポート交際、すなわち援助交際のこと。
出会い系サイトの掲示板で使用される。
「サポします」は、「体を売ります」の意味。
 猿系 サルのような容姿をしている男性のこと。
一重まぶたで、短髪を茶色に染髪している外見がステレオタイプとなっている。
 ジャニ系 ジャニーズ系美少年・美青年のこと。
ギャル男やお兄系を含めて言う場合もある。
 シャワ浣(しゃわかん) シャワー浣腸の略。
アナルセックスをする前に、シャワーを使って直腸内を洗浄することを指す。
シャワーのハンドグリップ部分を取り外し、ホースを直接肛門に当てて洗浄を行う。
クルージングスペースによっては、通常のシャワーの他に、先端にアナル専用のプラグがついたホースが用意してある場合がある。
 出張 地方のゲイバーが、大都市のゲイバーの一角を借りて営業を行うこと。
一種のゲイバー間のコラボレーション。
 趣味女(しゅみじょ) 「趣味女装」の略。
個人的嗜好で女装をすること。
 女装子(じょそこ) 女装する男性。
スジ筋(スジきん) 体型は細いが、そこそこ筋肉がある人のこと。
「スリ筋」とも言う。
一般的にアスリートや、それに近い逆三角形で皮下脂肪の少ない腹筋の割れた体型を指す。
「スジ筋」は1990年代初頭にゲイ雑誌『薔薇族』のイラスト付きエッセイの中で、ごく小さく発表された。
当初は、オフシーズンのボディビルダーのような、筋肉のカットが甘いバルキーな体型を指す「マッチョ」に対して、皮下脂肪が少なく、筋肉のカットがくっきりした陸上短距離選手のような体型を指していた。
その後、現在のような体型を表す言葉として定着した。2000年代以降に登場した「細マッチョ」もほぼ同義だが、ゲイに限った用語ではない。
セーフ セーファーセックス(性感染症およびHIVに感染するリスクを減少させる行動をとりながら、性交を行うこと)の略。

 タチ 男性同士のセックスにおいてリードする側。
もしくはアナルセックスにおいて、肛門に陰茎を挿入する側の男性を指す。
タチといっても必ずしもアナルセックスをするとは限らない。
性行為に能動的な側として使われる。
(対義語:ウケ・ネコ)
 種付け(たねつけ) 肛門内に射精すること。
誰専(だれせん) 同性であれば、外見などを気にせずに恋愛対象や性的対象にできる人のこと。
好みがはっきり判らない人、好みが広い人のことも指す。
 チェック ゲイバーで会計すること。
「おあいそ」とも言う。
人差し指を斜めに交差するジェスチャーで意思表示する。
前払い制の飲み放題などの場合は該当しない。
 チャンスボトル ゲイバーを利用する客がキープしているボトルのうち、間もなく空になりそうなものを指す。
スタッフ間の合図のための隠語。合言葉。
 デカマラ 巨根。
 デビュー 初めてゲイバーに行く、初めて発展場に行く、初めてゲイと会う、初めて同性愛雑誌(ゲイ雑誌)を買う、初めて男とセックスするなど、初めて自分をゲイとして認識すること。
 デブ専 性的嗜好として、太めの体型の男性が好きなこと。
自身が太めの体型で、なおかつデブ専の場合は、SNSのプロフィールなどで「DD」と表記する。
 堂山 堂山町のこと。
新宿二丁目と共にゲイタウンとして知られ、大阪キタでゲイバーや売り専が多く集まるパークアベニュー堂山を中心としたエリア。
 同窓会 日本テレビが放った日本初の本格的な連続ゲイドラマの名前。
毎週水曜22時の放映時は、新宿二丁目が閑散となるなど多大な影響があった。
トコロテン 陰茎を直接刺激せずに、肛門から前立腺の奥の精嚢を刺激することで射精すること。
前立腺への刺激だけでは快感(ドライオーガズム)は得られても射精はしない。
アナルセックスだけでなく、パートナーによる指や器具での刺激やオナニーでも可能である。
全ての男性がトコロテンするわけではなく、個人差がある。
共食い 自身が太めの体型で、なおかつ太めの体型の男性が好きな人。
いわゆるデブ専のデブを揶揄する言葉。
ドラァグクイーン 派手な女装をして、ゲイナイトやゲイパレードなどのイベントなどに出演する男性のこと。
「ドラァグ」と略されることもある。
性的満足のために女装をしているわけではなく、パフォーマンスとして女装する(人によっては性的嗜好を兼ねている場合もある)。
トロマン 丹念に掘り込まれて、溶けてしまいそうなくらいトロトロになった状態の肛門のこと。