兄の性処理

g
(※画像は本文とは関係ありません)


10代の頃から兄の性処理でフェラを覚えた。
小学生の頃からふざけ半分でお互いのチンコをいじり合ったりしていたが、中学のころオナニーを覚えた兄に言われるまま、週に2~3回はフェラ抜きをするようになった。
最初は嫌々やっていたが、段々と自分のフェラで気持ち良くイかせるのが楽しくなっていた。

兄が就職してからは何だかんだで向こうに常に女がいて回数も減ったが、月に一度ぐらい…たぶん彼女が生理でヤレない時にオナ代わりに使われていた。
いつもイきそうになるまでしゃぶり、出る直前に兄が口から抜いて自分でシコッてティッシュに出すという風にやっていたが、何年も兄の性処理をする内に、だんだん口の中でイってほしいと思うようになっていた。

ある日のフェラ抜きの時、イきそうになった兄がいつものように口から抜こうとしたが、咥えたまま離さずしゃぶり続けた。
兄は少し驚いたようだが僕の意図を察したようで小声で

「口で出してもええんか?」

と言ったので僕がしゃぶりながら頷くと、兄は僕の頭を軽く押さえて発射した。
口の中で上あごにビュルビュルと当たる射精の勢いを感じて何だか嬉しくなった僕は、
射精が収まった後の残り汁も吸い出しお掃除フェラをして、口の中の精液を飲み干した。
初めて味わう精液は生臭かったが汚いともまずいとも思わなかった。
むしろやっと最後までフェラ抜きしてあげられたという気持ちだった。
兄は

「飲んだのか?」

とまた小声で尋ねたので、僕はまた何も言わずに頷いた。
それが最後の兄との性処理だった。

弟が自分から口内射精をねだり精液を平気で飲むようになった事に引いたのか
それ以降兄からフェラ抜きを望まれた事はない。
その後兄は20才でデキ婚して家を出た。
自分も彼女が出来て普通に女とセックスするが、今でも無性にチンポが欲しくなるとネットで抜き相手を探してしゃぶらせてもらっている。
が、正直物足りない感じがする。

数年前に兄が離婚して実家に戻ってきた。
もうお互い三十近くになり昔のことなど忘れたように接しているが、いつかまた兄のチンポを味わいたいと思っている。


コメントを書く

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)