子供たちとの遠足

FavoriteLoadingお気に入りに追加

子供たちとの遠足
(※画像はイメージです)

去年の夏休みに、母校の校区に住む子供たちと遠足に行きました。

僕は自治会長である父の手伝いとして、ついて行くことになりました。
一人だけじゃつまらないと思ったので、友達も何人か誘いました。
当日は、女の子がほとんどいませんでした。
やんちゃな子供たちは、僕たちにすごく懐いてきました。
カンチョーをしてきたり、アソコを叩こうとしたりしてきました。
僕も友達も、仕返しで子供たちのお尻を狙って追いかけました。
小学生の子供たちが、一斉に僕の周りにくっついてきて、ズボンを下ろそうとしてきました。
僕は、人が大勢いるのにズボンを下まで下ろされました。
子供たちは大喜びして、僕の股間を叩いたり、においを嗅いできました。

バスに乗ってから、僕はムラムラしてきました。
男の子を一人呼んで、ひざに抱きました。
男の子は正面から抱きついてきて、胸をピッタリくっつけてきました。
僕のほっぺたにキスしてきました。僕は我慢できなくなりました。
一樹くんを連れて、後部座席の端に移動しました。
僕が一番隅に座り、その横に、一樹くんが座りました。
僕は、ギンギンになったチンコを出し一樹くんに見せました。
一樹くんはすぐに手を伸ばして、シコってきました。
「おっきいねー♪ ボクのも、さわる?」
一樹くんはそう言って、足を大きく広げました。
一樹くんも、たっていました。僕は、一樹くんの股間を撫でました。
一樹くんのシコる手の動きが速くなりました。
一樹くんの小さな手が一生懸命に動いているのを見て、僕はすごく興奮しました。
僕は身体を反らせて、「出るよ!」と言いました。
一樹くんが興奮して、椅子の上でひざ立ちになって、固くなったチンコを僕のほっぺたにくっつけてきました。
僕は短パンの上から、一樹くんのチンコを口に入れました。
それと同時に、イキました。
前の座席の後ろの部分に、精液がベットリ付きました。
チンコをしまうと、一樹くんが飛び乗ってきました。
ひざの上に同じように座らせ、短パンを下ろし、チンコを出してあげました。
肌の色と同じの、色の白い小さなチンコでした。
触ってみると、すごくやわらかくて気持ちよかったです。
僕は、皮もかぶったままの一樹くんのチンコを優しくシコりはじめました。
一樹くんが、気持ちよさそうな声を出しました。
そのまま手を下へ動かすと、皮がぬるんと剥け、キラキラ光沢のあるピンク色の亀頭が出てきました。
そこを指で押さえると、ものすごく糸を引きました。
一樹くんが僕の方を振り返り、「お兄ちゃん、ボク、もうイキそうだよぅ。」と言いました。
その頃には、一樹くんのチンコは立派にそそり立っていました。
チンコをシコる僕の手は、一樹くんの先走りでヌルヌルになっていました。
僕が手を速く動かすと、一樹くんが身体をぐっと反らせました。
「んーっ!」という喘ぎ声と同時に、一樹くんのチンコから精液が飛び出しました。
また、前の座席の後ろに飛び散りました。
精液がぶつかる音がかなり大きくなったので、何人かが僕らの方を見てきました。
一樹くんのチンコは固いままでしたが、彼はチンコをしまいました。
目の前の背もたれにへばり付いた僕と自分の精液を、両手で塗り広げて遊んでいました。
ピチャピチャという音がして、すごくエロかったです。
一樹くんが遊び終わると、ティッシュで彼の両手を拭いてあげました。
その時に間近で顔を見ると、一樹くんは、すごくカワイイ顔をしていることが分かりました。
僕は、一樹くんを抱きしめました。
バスが目的地の自然公園に着くと、少しだけ遊ぶことになりました。
友人の一人の巧は、色の黒い6年生くらいの男の子と手をつないでいました。
もう一人の友達の明は、数人の子供たちを引き連れてトイレに入りました。
僕は明たちを追って、トイレに入り込みました。

わざと時間をあけてトイレに入ると、案の定、明は子供たちとエッチしていました。
子供たちは全員短パンを下まで下ろし、明は子供たちのチンコを順番に口に入れていました。
子供たちは気持ち良いみたいで、いっぱい喘いでいました。
僕が割って入っても、恥ずかしがるどころか、僕の方にまでチンコを向けてきました。

出発前、僕のズボンを下ろしてきた6年生の諒くんもいました。
子供たちは僕たちのことを変態だと思っているようで、色々と馬鹿にしてきました。
「ほら、しゃぶれよ、ヘンタイ!」
僕は諒くんのチンコを口に入れ、容赦無くしゃぶりました。
途端に諒くんは喘ぎ始め、一分もしないうちにイってしまいました。
薄味の精液が勢いよく飛び出しました。
僕の顔が精液まみれになると、子供たちは喜び、さらに変態扱いしてきました。
諒くんも可愛らしい顔をしていたので、僕は怒りませんでした。
「お昼御飯まで、ここでずーっとエッチしよう!」と、リーダー格の大柄な男の子が言いました。
僕は、低学年の小さい子が見ちゃいけないからその提案を拒否しました。
トイレ以外の場所でしようと、子供たちを連れていったんトイレを離れました。
諒くんが、「変態さんのちんぽが見たいなー。」と言いました。
落ち窪んだ川岸まで移動し、望みどおりに見せてあげました。
明もズボンを下ろし、子供たちに自分のチンコを見せました。
子供たちは興奮して、一斉に小さな手を伸ばして僕たちのチンコをいじり始めました。
「大きいねー。」とか、「たくさん精子出るのかな。」とか言っていました。
諒くんが、竿の部分に指を滑らせてきました。
そのまま顔を近づけ、ハーモニカのように横向きに口に咥えました。
その反対側でも、同じように男の子が僕のチンコを横向きに咥えました。
同時に首を横に振り、唇でシコってきました。

横の明を見ると、僕と同じように、二人の子供にヤられていました。
子供たちは口でチンコをシコりながら、自分のチンコもシコっていました。
セミの声に紛れて、子供たちの鼻声が聞こえます。
時間が経ち、子供たちが次々にイきました。
子供たちはイク瞬間、僕のチンコにがっつきます。
僕はそれが気持ちよくて、諒くんがイったのをきっかけに射精してしまいました。
精液は斜め上に勢いよく飛び、弧を描いて草むらに飛び散りました。
子供たちは立ち上がると、「あーあ、子供にイカされるなんて、ほんとに変態だねぇ。」と言ってきました。

その後も、昼飯の時間になるまで、僕と明は何度も何度も子供たちにイジメられました。
何人かの子供は、途中で飽きて居なくなりました。
諒くんも、遊びに行ってしまいました。
残ったのは、エッチに興味津々のマセガキばかりでした。
マセガキたちは色々なことを僕たちに訊いて来たり、試してきたりしました。
正直辛かったのですが、次の昼飯の時間にも子供たちは僕を襲ってきたのです。

僕と明は子供たちに囲まれたまま、シートの上に上がりました。
そこには諒くんや一樹くんが居て、にこにこしながら僕たちを見上げていました。
諒くんが大きな声で、「変態のお兄ちゃんたちが来たよーっ」と言いました。
子供たちは弁当もそっちのけで、僕に抱き付いてきたり、圧し掛かってきたりしました。
「こっちのお兄ちゃんも、イジメようよ。」と、ポッチャリしたリーダー格の子が言いました。
一斉に、子供たちが明に襲いかかっていきました。
僕の所には、バスでエッチをした一樹くんと、小学4年生の駿くんだけが残りました。
一樹くんは「ほらぁ、駿、このお兄ちゃん、こんなにビンビンだよ。」と言いながら、僕の股間をズボンの上から撫でてきました。
駿くんは可愛らしくはしゃいでネコのように四つん這いになると、頭を僕の足の間に近づけ、僕の勃起した股間に頬擦りしてきました。
ガキ大将の康祐くんが戻ってきて、駿くんの頭を撫でながら、「このお兄ちゃんは変態なんだから、目いっぱい変態な事していいんだよ。」と言いました。
駿くんは少し戸惑っているようで、キョロキョロしていました。
明が子供たちに連れられ、林の方へ歩いていきました。
僕もいよいよ食事に手をつけないまま、一樹くんと駿くんに連れて行かれました。

林に入ると、子供たちは明のズボンを下ろし、明を寝かせ、足で明のチンコを踏みにじり始めました。
そのときの明は、誰の目にも変態に見えました。
明たちを見て興奮した一樹くんが、木を背にして座り込んだ僕の顔面に、自分の股間を押し付けてきました。一樹くんは立っていました。
明たちの方を見たまま、腰をグリグリと動かします。
その時、一番年下の駿くんが一樹くんのシャツの裾を引っ張り、明たちの方を指差すと、「ボクも、あれがしたい。」と言いました。
一樹くんは、すぐに同意しました。

僕はすぐに、二人にズボンを脱がされました。
駿くんは僕のチンコを見ると、片方の靴を脱ぎ、生足で僕のチンコを踏みつけてきました。
かわいらしい駿くんの小さな素足が、僕のチンコを無邪気に甚振ります。
一樹くんも駿くんの真似をして、サンダルを脱ぎ、僕のチンコを踏んできました。
僕は二人に足でチンコを弄ばれ、すごく興奮しました。
二人は抱き合うような形で互いに身体を支えながら、僕のチンコを、虫を踏み潰して遊ぶように乱暴に踏んできました。
一樹くんはつま先で玉袋をつつき、駿くんは竿の部分を足の裏で大きく撫でてきました。
他の子供たちもドンドン真似をして、靴を脱ぎ、靴下を履いていた子はそれも脱ぎ捨て、明のチンコを一斉に踏みつけ始めました。
明の感度が一気に上がり、喘ぎ声を上げ始めました。
「うわぁ、お兄ちゃんのちんぽ、びっちょびちょ。もう出ちゃいそう?」
諒くんはそう言うと、四つん這いになり、明のチンコを掴み、乱暴にシコりはじめました。
明は、すぐにイキました。
それを見て、僕もイってしまいました。
亀頭を集中的に踏みにじっていた駿くんの足が、僕の精液でぐちょぐちょになりました。
駿くんは、ベトベトになった自分の小さな足を見て嬉しそうな顔をしました。
子供たちは駿くんの足を見て、さんざん僕を罵倒しました。
罪滅ぼしとして、駿くんの足を元通りキレイにするよう命令されました。
康祐くんが、「川の水は使っちゃダメだぞ。口でキレイにしろよ!」と言いました。
当の駿くんはキャピキャピしていて、木に両手をつき、片足をぴょこんと上げました。
僕が駿くんの足元にしゃがみ込むと、あろうことか、足に付いた精液をひざの辺りまで塗り広げてしまいました。
僕の舐める箇所が、ぐっと多くなりました。
駿くんは、遠足に参加した子供たちの中でも、飛び抜けて可愛らしい子でした。
僕は大きな不快感を持つことも無く、駿くんの足を丁寧に舐めてあげました。
駿くんはくすぐったそうにしていましたが、僕がふくらはぎや膝の裏を舐め始めると、顔を恍惚とさせ、気持ち良さそうに鼻声を漏らし始めました。

ひどく時間を掛けて、ようやく駿くんの足を舐め終わりました。
酔いから醒めた駿くんは、自分の足を見て、「きたなーいっ」と声を上げると、川の方へ走っていきました。
努力が結局無駄に終わってしまいました。
それでも他の子供たちは十分満足したようで、写メや動画に一連の行為を収めていたようでした。
駿くんが戻ってくると、諒くんは駿くんを抱きしめ、そのまま抱っこしてあげました。
康祐くんが、ケータイの画面を駿くんに見せました。
駿くんは、自分の足を一心不乱に舐める僕の動画を見て、「きもーいっ」と言いました。
僕と明は、子供たちの笑い者にされました。


コメントを書く

メールアドレスが公開されることはありません。